こんにちは 「腸とお肌の専門店」 のさくら薬品スタッフです
風がひどくなってきていますね。

もうほとんどの方は家に向かわれていると思いますが、お気をつけてお帰りくださいね。
さくら薬品も、珍しく早くお店を閉めさせていただきました

ですので、以前から作りたかった、薬膳酒作ってみましたニコッ

今回は、?血によいとされる、紅花(コウカ)を漬けた薬膳酒ですドンペリ
使うお酒は、ホワイトリカーと呼ばれる、白色でほとんど無味無臭のものを使います。
好みの風味のお酒を使えばいいのですが、種類によりアルコール度数が違うので、
植物系の生薬なら、30~35度くらいのものを使うのがいいようです。(生薬を抽出しやすい度数)

今回のレシピは
・ホワイトリカー(ジン・焼酎)   720ml
・紅花          10g
※氷砂糖や蜂蜜を入れるのが一般的ですが、私は入れていません。

「ジン」は、よく飲まれるスピリッツの一つですが、元々は薬酒として作られたそうです。
ただ、風味がよいので、嗜好品として飲まれるようになったとか好

薬膳酒は、熟成期間があって、1ヶ月~6ヶ月と生薬によって熟成期間が長いものがあるのですが、この紅花(コウカ)は、1週間の熟成の後に飲み始められるので、お手軽ですGOOD。
どんな味になっているか、楽しみですキラキラ