こんにちは。「腸とお肌の専門店」 さくら薬品スタッフのともみです

今日から11月。日に日に風が冷たくなってきて、そろそろコートがほしくなりましたね

サトコたちも冬服に衣替えです

さくら薬品では、腸と肌は繋がっているという考え方をもとに健康のアドバイスをしていますので、お肌のご相談をよくいただきますが、改めて考えるとニキビのご相談は少ないのです。
一番は、アトピー、敏感肌、湿疹、原因不明のかゆみなど。
ですから、ニキビ対策の漢方薬も置いてありますが、あまり出番がありません

そんな中で、面白い情報が入ってきました
ニキビにイソフラボン
当店では、少し前からファイトロゲンというイソフラボン製品を取り扱っているのですが、イソフラボンというと、女性ホルモン作用があることは有名ですよね。

でも、女性ホルモン作用以外にも、重要な面白い働き方をすることが、臨床試験の結果によってわかったそうです
ニキビが発生する原因は、食生活やストレスなど様々在りますが、特に女性のニキビの発生には、男性ホルモンの一種、ジヒドロテストステロン(DHT)が関係あるということが、以前からわかっていたそうです。
(私はしりませんでした、ビックリですよね~)

コレステロール→テストステロン→DHT、と酵素の働きによって変化していくのですが、その過程にイソフラボンが関係していて、イソフラボンは、コレステロールからDHTに変化させていく酵素を阻害する働きがあることが分かったそうです

平均24歳の女性を対象に、イソフラボン摂取の試験をおこなったところ、約4ヶ月後にはニキビの症状が改善された方が半数以上というすごい結果が出たそうです
イソフラボンは、女性の応援だけでなく、男性の更年期症状や精神症状にもよい効果が出ることがわかっています。

ただ、市販の大豆製品をたべているだけでは量が全く足りないのと、イソフラボンにも「型」の種類があるので、大豆の研究者によって開発されたサプリが安心だと、私は思います
ネット販売はしておりませんので、ご興味のあるかたは、お気軽にお尋ねくださいね