こんにちは。大阪 東三国の薬店 さくら薬品のともみです。

腸から健康を考える薬店
薬に頼らない健康作りをサポート 

今日も良いお天気になりましたね~

最近、トップのご挨拶の文言を変えましたが、さくら薬品は「薬に頼らない健康をつくる」ことを指針にお店をしています。

薬は緊急時に、普段は養生&体質改善

そのためには、日々の食べ物が大切です。

自然食品も狭い店内の中に少し置いていますが、実は以前から「無農薬野菜」も販売したいなと思っていました

そして良いご縁に恵まれ、第1回目の無農薬野菜の販売会ができることになりました

日 :10月25日(火)
時間:12:00~14:00
場所:さくら薬品 店頭

野菜を持ってきてくださる農家さんは、大阪の河南町という山の湧き水がとってもキレイなところで野菜を作られている、かわち夢楽の峰さんです。
%e7%b4%a0%e6%9d%900001

河南町は葛城山のふもとあたりにあるので、葛城山から流れ出る湧き水の恵をいただけるそうです

また、山の上では何も栽培等されていないので、本当にそのまま綺麗な水が降りてくるのだそうです

まだ有機JASは取られていないそうなのですが、その基準ですでに栽培されています。

有機JASマークがついていると安心と思われる方と、有機も有機肥料を使えるから普通の無農薬野菜(有機肥料も使わない)の方がいい、と思われる方とあると思います。

私も実は後者の方でしたので、先日お会いしたときに「有機」というものについて少しお尋ねしてみました。

有機栽培で使用可能な有機肥料には、天然由来のものからケミカルに近いもの両方があるそうです。

ですから、やはり一概に有機栽培の野菜といっても質があるという事です。

では、有機JASマークがついてる野菜の中から、ケミカルに近い肥料を使っていない質の良い有機野菜をどうやって見極めたら良いかというと・・・その商品を見ただけではわかりません
結局、農園のHP見たり直接お会いしてお話しを聞くしか本当のことは分からないんですよね。

有機JASマークはつけても、使った肥料までは表示しませんからね。

(ちなみに私は完全無農薬生活が出来ているわけではありません(^^;) いずれ、できたらいいな~)

今回さくら薬品にお野菜を持ってきてくださる峰さんは、ケミカルな有機肥料は一切使わず、天然の油かすや発酵物などを使用しているそうです。

それなのに価格もお手頃で(当日の野菜によってまちまちですが)、もう少し高くてもいいんじゃないですか?って私が言ったくらいでした

日 :10月25日(火)
時間:12:00~14:00
場所:さくら薬品 店頭

まずは初回ですので、2時間という短い間ですが多少時間を過ぎてもしていると思いますので、ぜひぜひ足を運んでいただきたいと思います

私は農業の事に詳しくないのでこれくらいの説明しか出来ませんが、もっともっとこだわりがあって本当に野菜に愛情をかけて育てられていますので、当日ぜひかわち夢楽の峰さんに会ってお話しを聞いてみてください

お待ちしています