こんにちは。大阪 東三国の薬店 さくら薬品のともみです☆

忘年会シーズンですが、飲み過ぎて肝臓疲れていませんか?

お酒を飲む前に、飲んだ後に肝臓をケアする「田七人参と霊芝と蘇合香」がかなりオススメです

「田七人参と霊芝と蘇合香」は、中国で販売されている片仔廣(へんしこう)にも入っています。

片仔廣(へんしこう)とは肝機能を回復させる、炎症を抑えるなど、肝臓にかかわるあらゆる症状に使われているようです。

ただ、中国から輸入して販売されている片仔廣はかなりのお値段がします

「田七人参と霊芝と蘇合香」は、お値段もお手頃で分包になっているのもありますので、飲み会の直前に飲んでも効きますよ

働きは、

田七人参(でんしちにんじん)・・血液の流れを良くし、豊富に含まれるサポニンが血液をキレイにしてくれます。お金に換えがたい価値があるとされ、金不換とも呼ばれます。
霊芝(れいし)・・・漢方として古くから珍重されてきた「幻のキノコ」。免疫力を高める効果や生活習慣病の予防など
蘇合香(そごうこう)・・巡りを良くし、消炎作用があるとされています。

他にも
蛇丹(じゃたん)・・・まむしの肝。解毒、強壮の効果があるとされています。
蜜柑果皮(みかんかひ)・・胃をケアし、健やかにします。

などがいいですよ!

この5つのパワーが体に働きます

飲む前と、飲んだ後と両方飲むとより効果的です

忘年会が終われば新年会。

お正月の間も飲むでしょうし、年末年始は肝臓が悲鳴をあげる時期です

自分用に、ご主人用に、お父さん・お母さん用に、ぜひオススメしてあげてください

ご興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください