こんにちは。大阪 東三国の薬店 さくら薬品のともみです。

このブログでも何度かお知らせしてきましたが、来年1月からセルフメディケーションに係わる医療費控除の特例が始まります。

対象となるスイッチOTC医薬品を1年間に12,000円以上購入した場合、12,000円を超えた金額が88,000円を上限として、所得から控除され、所得税の一部が戻ったり、住民税が軽くなる制度です。
kenkoushindan08_shinzou

具体的な内容はこちらの過去記事からご覧ください

ただし、適用されるには一定の健診を受けていることなどのルールがあります。

※スイッチOTC薬とは、今まで医師の判断でしか使用できなかった医薬品(処方箋が必要)を、薬局・薬店で買えるようになった製品をスイッチOTC薬と呼びます。

※一定の健診とは、健康診断や特定健康診査、がん検診などの事です

ただし、従来の医療費控除制度と同時に利用することはできません。

この制度を活用出来るとしたら、単純計算で毎月1,000円以上の対象医薬品を購入することになります。

「生計を一にする配偶者その他の親族に係わる購入分」、とはなっていますので例えば4人家族くらいであれば1年間で12,000円を超えるかもしれませんが、薬も限定されていますので、意外に超えないんじゃないかなと思ったりします。

そして、医療費削減が目的のこの制度ですが、逆に薬に頼る人が増えるんじゃないかなという心配もあります

さくら薬品的には、本当のセルフメディケーションとは、薬を使わず食べ物での健康管理の事をいうのだと思います。

ですから、セルフメディケーション税制の対象となる商品は、本来薬ではなく健康食品の方がなんじゃないのかなと思うのです。

でも、健康食品も昨日の水素水の話じゃないですけど、販売方法が無法地帯的なところもあるので現状としては無理だとは思いますが。。。

今、インフルエンザとノロウィルスがすごい勢いで流行っていますし、胃腸炎を起こしている方も多くいらっしゃいます。

予防は、薬では出来ません。

病気にかからない、負けない体づくりをして、楽しい年末年始をお過ごしくださいね

毎日のウィルス対策の強い味方 マヌカハニー
20151228_40668731