こんにちは。大阪 東三国の薬店 さくら薬品のともみです。

実は私、41歳で自然妊娠、42歳で昨年11月に出産しました。


個人的なことなのでブログなどで発信する予定はなかったのですが、40過ぎて自然妊娠できた秘訣を教えて欲しいと言われることが多くなったので、お役に立てることがあればと思い、少しずつ書いていくことにしました。

結婚して数年間子供がいなかったわけですが、結婚していて子供がいないというだけで、色んな事を言われますね。
この現代においても、子供のことになると個人の人権なんてあったもんじゃないです

「子供は?」と聞かれて、いないことを伝えると

「何してるの!早く産みなさい!」 とか

「何で子供産まないの?かわいいわよ?なんで?なんで?」と質問攻めにされたり

「悠々自適でいいわね~~」とか

「一人くらい産んだ方がいい」とか

「子供作らないの?」
「子作りチャレンジしないの?」
「お願いだから一人くらい産んで」とか

まあ本当に、色々ありました。

私は、
子供がいる人生もよし、いない人生もよし。
子供がいるから経験できること、いないから経験できること、
両方あると思っています。

周りからのこういった発言は、まるで子供がいないとダメだといっているようなものですよね。

子供を望んでも出来なかった方、今治療を頑張っている方々に対してこういった言葉は、相手の人格を否定する本当に失礼な配慮のない言葉です。

そして、実際に産むのが女性なために「産まないの?」と言われてしまうのは女性が多いです。

でも、今不妊の原因は男性にあることがとても増えてきています。

また、不妊の原因は、男性・女性共に体の状態もありますが、ストレスも大きな要因です。

ストレスがかかると細胞が酸化していきますので、結局ストレスが体の不調になり、子供が出来にくい体になるわけです。

結婚している方に対して「子供は?」と聞くことが当たり前になっていますが、もっと配慮のある社会になってほしいと思います。

と話はそれましたが、

40代で自然妊娠した私が何をしていたかというと、長くなりましたので次回へ→