こんにちは。大阪 東三国の薬店 さくら薬品のともみです。

先日のつづきです

私が40代で自然妊娠のために何をしていたかというと、、

実は何もしていないんです。

何もというと少し違いますが、いわゆる「妊活」と呼ばれることはしていません。
さくら薬品では子宝相談もしてますので、そのための健康食品や漢方などもありますが、私は使っていません。

ただ毎日していたことは、日頃の健康維持のためにサプリをしっかり摂って体を健康に保っていたことです。

当店への妊活のご相談は、自然を希望されている方、病院に通院しながらの方、色々いらっしゃいます。
特に病院へ通っていると色んな検査があって、数値に一喜一憂してしまいがちです。

化学的に分析して何が足りないのかを知ることはとても大切ですが、

体全体のバランスを整えてあげること

体を本来の状態に戻すこと

ストレスを溜めないこと

これがとても大切です。

私が妊娠判定のために病院に行った時、年齢は特に驚かれませんでしたが、不妊治療をしていなかったということに先生は驚いていました。

「この年齢で本当に何もしてないの?」

と2回くらい聞かれました

私は40過ぎてもあせりもこだわりもなかったので、子供がいないことをストレスに思っていないことが結果、よかったようです。
(周りに子供がいないことを問いただされることがストレスでしたけどね~)

私が毎日健康維持のために摂っていたサプリは

①腸内環境を整えるもの
②血液をキレイにするもの
③免疫を上げるもの

たまに、抗酸化素材を飲んだりお風呂に入る

今、腸内環境は健康から精神面まであらゆることに係わっていることが分かっていますよね。

妊娠相談にいらっしゃったあるお客様は、私が毎日飲んでいる腸内環境サプリを飲んで体温が上がって、これだけで無事自然妊娠された方もいらっしゃるんですよ。

腸内環境と妊娠の関係も分かりつつあります。

そして、前回も書きましたが最近は男性側の不妊が原因であることも多いです。

自然妊娠した時の年齢、私は41歳、主人は48歳です。

主人ももちろん、私と同じ様に健康維持のためのサプリだけをしっかり摂っていました。

主人=店長、なのですが、たまに私たちが夫婦だということを伝えると、、ものすっごく驚かれることがあります

それは私が若く見ているのか、主人(=店長)が老けて見えているのか・・、とよく二人で話しているのですが、

私が若く見えていることにしときましょう

 

高齢出産とは、今のところ35歳以上の初産が定義とされていますが、健康年齢が高まっている現代、定義の年齢はもっと上がると私は思います。

高齢出産のメリットもあるんですよ。
私は今で良かったと思っています。

妊活サプリは、妊娠後に摂っていました。
これには妊娠中健康に過ごすために本当に助けてもらいました

このお話しはまた次の機会に。

どんな事でもお気軽にご相談ください。

さくら薬品は、子宝カウンセラーの会認定店です