こんにちは。東三国の健康ショップ「腸とお肌の専門店」 さくら薬品スタッフのともみです

先日、人と地球に優しいお掃除&お洗濯方法の「ナチュラルクリーニング」講座に行ってきました

家ではもう数年柔軟剤は使っていませんし、洗濯洗剤も重曹が主成分のナチュラル系を愛用(たまに面倒な時はケミカルも一部使いつつ)してきたのですが、もうちょっとうまく仕上がらないかな~といつも思ってました

そして、セミナーを受けてその理由になっとくなっとく

一番納得したのは、「みんな、洗濯機に頼りすぎよ」

という言葉。

今は電源を入れると洗剤の量から洗いの時間、すすぎの回数も決めてくれますよね

でも、表示通りしてもナチュラル系の洗剤では臭いと汚れがとれていない事もあったり、特にワイシャツの臭いはなかなかとれないので(ごめんね~ でもよくある悩みですよね)、やっぱりケミカル洗剤じゃないと難しいのかな、なんて思ってたところ

洗濯機の表示に頼らず、洗剤の特徴、配合の黄金比を知れば、怖いものなし

と、学びました

ただ、家庭によって洗濯機の種類や家族の人数が違うので、自分の家にあった分量を見つけていかないといけませんけどね。

でもそれより、ナチュラルなお洗濯方法なんて面倒~って思う方も、まだまだまだまだ、まだまだまだいらっしゃると思います。

洗剤はどんどん進化していていかに洗濯に時間をかけずに手も汚さずに、みたいなことになってますが、合成洗剤からの経皮毒(皮膚から吸収していく毒性のある物質)をちょっと甘く見すぎているかもしれませんよ。

この翌日に行った、オーサワジャパンさん主催の、食品ジャーナリスト・郡司和夫先生のセミナーでも、経皮毒ということを大きく取り上げていました。

今は、アトピーとかアレルギーを持っている方が必要に迫られて洗剤を変えることの方が多いと思いますが、皮膚から吸収された化学物質が体内でどんな悪さをしているかということが目に見えたら、みんな合成洗剤は捨てると思います

つづく