こんにちは。

妊活でまず始めに摂るサプリと言えば、葉酸ですよね。

(葉酸はもちろん大切で、しかも妊活・妊娠時だけでなく実は年齢が高くなっても女性にとっては大切な栄養素なんです。)

そして、妊活を始めて自然妊娠が叶わなかった場合の次は人工・体外受精となるわけですが、受精が成功すれば着床してくれないといけません。

その着床に、ビタミンDが大きく関与していることが分かっているそうです。

ビタミンD濃度と着床能力の関係を、アメリカのコロンビア大学で研究された結果、

ビタミンDが欠乏している女性の妊娠率は適正な範囲の女性に比べて低く、出産に至った確率も同様に低かったそうです。

(詳しい数字もありますが省略しています)

ビタミンDは、骨の形成や成長に関係しているということでは知られていますが、妊娠・出産についても、免疫についても注目されている成分で、ビタミンDの働きはまだまだ解明されていきそうです。

妊娠を希望する女性はビタミンDの摂取が妊娠率、出生率を有意に高くする傾向があるそうですので、積極的に摂っていきたいですね。

 

妊活セミナー予約受付中