こんにちは「腸とお肌の専門店さくら薬品スタッフのともみです

先日、さくら薬品2周年記念に頂いたこちらの花束、

抗酸化力のすごい水溶性ケイ素 ウモプラス

を入れたらきっと長持ちするだろうと思い実験してみました

ケイ素の過去の記事はこちらから

↓お花をもらって5日目
ケイ素を入れた水は全く濁っていません。
抗酸化作用がしっかり働いています

↓10日目 まだまだ濁っていませんお水は吸収されて減っていくので
水を替えることなく、水とケイ素をプラスするだけです。
お水を足す前の写真です

普通、切り花を長持ちさせるには、2~3日に1回は水を替えて茎の下を洗って、更に水の中で斜めに切って・・と手間をかけないといけませんよね。

でも、この10日間何もしていません
茎の下の方を触ってみても、全くぬるぬるしていないのです
花の状態も、1月18日頂いた当日の写真がこちら

10日目の2月3日、ほどんど状態は変わっていません


バラの花も全く変色なしで、傷んでもいません
やっぱりケイ素の抗酸化力ってすごいですよね~

ケイ素を飲むと、体内で同じ事が起こっているということなんですよねー。
やっぱり、スパーアンチエイジングは、ケイ素 ウモプラスです