こんにちは「腸とお肌の専門店さくら薬品スタッフのともみです

昨年の秋頃に、PMS(月経前症候群)の治療薬として、「プレフェミン」というお薬が販売されましたね。最近またテレビCMが良く流れていますがご存知でしょうか?

このお薬は、ダイレクトOTCといわれる医薬品です。
※ダイレクトOTCとは・・・通常は、新規有効成分が使用された医薬品はリスクが高いので、ある一定期間医療用として使われて、審査が行われた後にOTC薬(私たちが手軽にドラッグストアで買えるお薬)として使用が認められるのですが、ダイレクトOTCは、医療用医薬品として使用されずにダイレクトに(直接すぐに)OTC薬として承認されたもの。
ということですので、いくら認証を受けたとはいえ、実績がないお薬なのでリスクはちょっと、、心配ですよね。

ですから注意事項に、「症状の改善が見られても、3ヶ月を越えて続けて服用する場合は、定期的に医師に相談してください。」という事が記載されているのでしょう。

成分がハーブ由来ということもあって、CMでは軽やかな印象でいい感じになってますが、過去に実際あった生理痛薬投与後の死亡例や、子宮頸がんワクチンで重い後遺症が残ったり、女性ホルモンに関わる医薬品の使用は、ちょっと手軽に、とは思えない今日この頃ですよね。

しかも、1日1錠の服用でいいとのことですが、1錠40mg中、20mg、半分は添加物となっています。
さくら薬品に薬剤師はいますが、このお薬は取り扱っていません。

その代わりに、以前から劇的に改善される漢方薬をオススメしています。(もちろん個人差はありますが)
芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)

以前、女性にお勧めの漢方薬としてブログでもご紹介しましたが、以前の記事はこちら

本当によく効きます(ひつこいようですが、個人差はありますが)

十数年間、生理前のイライラ、だるさ、やる気が出ない、痛み、などに悩まされてきたお客様から、絶大な信頼をいただいている漢方薬です
生理に関わる症状だけでなく、更年期の症状にも使い、良い結果をたくさんいただいております

漢方薬は、何ヶ月も飲み続けないと症状は変わらないんでしょ?毎日飲むのを忘れてしまうから、というお声もいただきますが、体質に合えば、数日で効果を実感しはじめます。
さらに、PMS(月経前症候群)に関しては、私が経験してつかんだ特別な効率の良い飲み方をオススメしております

長年症状に苦しんでいる方、病院には行きたくない方、治らないものだと諦めている方は、ぜひ一度ご相談ください