こんにちは「腸とお肌の専門店さくら薬品スタッフのともみです

少し間が開いてしまいましたが「バイオ・ノーマライザー」のつづきです

バイオノーマライザーの原料、青パパイヤは、食物酵素の王様と言われています。

今、酵素の中には、消化酵素が後から添加されているものも多いのですが、パパイヤには天然の、
たんぱく質分解酵素、
糖分分解酵素、
脂肪分解酵素

の消化酵素が含まれています

そして、酵素と言えば熱に弱く、前回のブログでも「活性しているかどうか」が選ぶ条件だと書きましたが、南国のフルーツに含まれる食物酵素は、少し高めの温度でも酵素活性を失わない種類が多くあるそうです。

例えば、多くの植物は42~48度で活性を失うのですが、南国のフルーツキウイは、40℃~60℃の間でも酵素は活性するそうです。
さらに、青パパイヤに含まれるパパイン酵素は100℃の温度でも酵素活性を失いません

さらに、酵素は胃酸で失活しやすいので空腹時を避けた方がいいとも言われるのですが、パパイン酵素はph1.2でも失活しないのです
その強さからか、青パパイヤは、南国ではメディカルフルーツとして知られていて、パパイン酵素は医薬品指定されているほど効果が強力だそうです

ですから、医薬品以外にパパイヤの酵素を含んで販売することは薬事法で禁じられています。
じゃあなんで「バイオノーマライザー」は食品として販売しているの?というと、パパイヤ酵素を発酵させ、発酵過程で総合ビタミン、総合アミノ酸などを含み、安全で栄養価の高い食品へ生まれ変わっているのです。

そして青パパイヤには、赤ワインの約7.5倍ものポリフェノールが含まれています
ポリフェノールは活性酸素を除去する抗酸化成分として有名ですが、ポ リフェノール以外にも数種類の抗酸化成分が豊富に含まれています
さらに、バイオノーマライザーは、130以上もの学術論文が発表されているのです
これだけの実績のある酵素は他にはないのではないでしょうか?

酵素は、今主にダイエットやデトックスで流行していますよね。
でも、ダイエットなんかで使うには申し訳ないような理念を掲げて作られたこのバイオノーマライザー
本当に健康を目指す方、メディカルフルーツの神秘を体験してみてください