華密恋(カモミール)は、天然の消炎・保湿成分で有名ですが、実は美白もすごいのです

最近、カミツレのボディクリームを毎日塗っていて、ある日ふと、急に色が白くなったかな??と自分で思っていたのです

夏に日焼けして、腕に服の日焼けの跡がしっかり付いていたのですが、その色の戻りが例年より早かったのです
    

そこで、カモミールと美白の関係をよくよく調べたところ・・

「カモミールには、チシロナーゼを阻害する作用が認められている。」
ということですが、チシロナーゼ、という言葉はあまり聞き慣れないかもしれませんね。

シミを作り出す原因として、メラニン色素がありますが、このメラニン色素を活性化させるのが、チシロナーゼという酵素なのです。ですから、シミ発生の根本、チシロナーゼに働きかけることが大事ということになります。

チシロナーゼを阻害するために、アルブチンという物質が、よく化粧品でつかわれています。
このアルブチン、合成で作られたα-アルブチンと、植物から抽出されたβ-アルブチンと二種類あります。

α-アルブチンの方が、強力に阻害する効果があるとして使われてきていますが、最近の美白化粧品の問題をみると、効果だけで選ぶのは怖いですよね。

消炎・保湿も出来て美白も叶う。さらに香りで癒やされる、穏やかに強い力を発揮出来るのは、天然成分だからこそです

そして、先日お知らせした、一家に1つ置いて頂きたい万能クリーム~華密恋スキンバーム~」のご報告

この保湿力はすごかったです
先日、気がつけば足のカカトがガサガサいつの間に

こんな時こそバーム と思って、ひび割れて白くなっているところにしっかりすり込むすり込むすり込む・・・
ケアした翌朝、
すっっごくしっとり、一日で

また、急に湿疹が何個かできてしまって、そこにも少し塗って翌朝 すっかりひいていました~

カモミールの天然の力を最大限に活用して、来年の夏までの冬の間に、潤い肌・白い肌をゲットしましょ~