こんにちは「腸とお肌の専門店さくら薬品スタッフのともみです

昨日、リッチな勉強会にいってまいりました。

佐藤製薬さん勉強会in帝国ホテル

既に何年も前から販売されている商品、「スメクタテスミン」という下痢止めのお薬なんですが、あまり知られていない商品のようです。

おもしろいのですが、、この製品は他に売られている有名な下痢止めの商品とはちがい、健康食品に近い医薬品だな~という印象を持ちました
パッケージに、「天然成分の天然ケイ酸アルミニウム」と書かれているのですが、本当に天然です
地中海のクレイ(泥)を精製して作られたものでした。

クレイは美容では有名で、お肌の汚れを吸着してくれる効果があって、クレンジングや洗顔に配合されていたり、パックになったりしていますよね

その、吸着する性質を活かして、腸の有害物質を吸着して排出してくれるのです

普通、ウィルスに感染しているときの下痢は、止めたらダメです。ウィルスを早く外にださないといけませんので。

ですから、病院に行く方がほとんどだと思うのですが、この「スメクタテスミン」は、有害物質だけを吸着して排出してくれるので、ウィルスに感染している時に飲んでも大丈夫なのです。逆に、飲んで早く排出したほうがいいです。

さらに、ウィルスに感染すると腸はどんどん痛んで回復に時間がかかることがあります。
スメクタテスミンは、腸粘膜を保護して修復する働きまであるので、回復がとても早まります
吸着の、簡単な実験しました
水に、スメクタテスミンを溶かしている状態です(ちょっとボヤけていますが)

そこへ、メチレンブルーという吸着実験をするときに使用する液体を入れます。

そして、振り続けるとスメクタテスミンがメチレンブルーに吸着して、マリモのような固まりになり、水は透明になります

医薬品としては、なかなかおもしろい勉強会でした
ウィルス系だけでなく、水あたり食あたり、飲酒後のお腹の不調にも。いろんな腸障害に使えますので、旅行に行かれるときなど、常備薬として持っていると安心ですね。