こんにちは「腸とお肌の専門店さくら薬品スタッフのともみです

昨日は、長年に渡って食品添加物の危険性を訴え続けてきている、ある有名な先生の勉強会に行ってきました

食品添加物の危険性は、今はもうかなり広く浸透してきているので、これだけみんなが危険だと思い始めているのだから、今後減っていく!

と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

いえいえ、今後も日本は添加物が増えることはあっても減ることはない
ということがよくわかりました

内容は、、、ちょっとリアルすぎて営業妨害になるので書けませんが、、、
ちなみに、添加物がいけないということは浸透してきていますが、何が危険だからだめだと思われていますか?

一番は、発がん性があるということ。
そして、細胞が突然変異を起こしてしまう可能性があること。
この2つが大きな問題です。

この2つから、いろんな症状に発展していきますので。
ただ、よく店頭でお客様にもお話しすることですが、添加物の危険性を知っていても100%摂取しない生活は今の時代無理です。
そして、今添加物は約3000種類も使われているということですから、添加物名を覚えて避けるもの無理です。
もちろん、知ることを知ることが大事。そして極力摂らない努力をする。
ベビーカーの中の子どもが○○ド○○○のポテトを食べているのをよく見かけるのですが、ほんとにため息つきたくなります

じゃあどうしたらいいか。
毎日の食事をすべて無添加食材の生活に変えるのは経済的にも大変です。
ですからせめて毎日使う調味料「醤油・味噌・塩・砂糖・みりん・粉末のダシ類」くらいは信頼あるメーカーさんの無添加調味料にしていただきたいところです。

そして一番は、添加物の影響に負けない細胞(体)作りをする
これが、今添加物に囲まれている現代人に一番大事なのではと、私は思います。

負けない体をつくるには、
乳酸菌を飲んで免疫を上げ、細胞を元気にする

ユーグレナで細胞からデトックスする

日本で危険性が認められて使用中止になった添加物も、海外ではまだ使われていたりします。今後TPPAの交渉が進むとそういった添加物を使った加工食品もどんどん入って来ます。

自分の体は自分が守るしかありません
細胞を元気にするご相談は、ぜひさくら薬品へ