こんにちは。大阪 東三国の薬店 さくら薬品のともみです。

今日で11月も終わり。

この時期は年末の年始の準備でバタバタ落ち着かない日々ですが、残り1ヶ月さらに頑張りたいと思います

さくら薬品の会員の皆様に、年末恒例のお得にお買い物ができるDM発送をここ数日で用意していたのでが、お陰様で発送の数が随分増え、さらに、今までお電話で相談&注文をくださった方々の人数も改めて数えると、かなり増えております

それは、きっと今日のタイトルにも関係があるのでしょう・・。

通販「偽サイト」を自動判別

こんなすごいシステムできたんだ~(^^)と思ったら、私の早とちりで運用はまだこれからのようでした

当店もネットショップを運営していますが、ネットショップのサイトを見ながらお電話くださる方がたくさんいます。

shopbanner011

理由は、操作が面倒・カードの登録をしたくない・商品の説明をもっと聞きたい、などなど色々ですが、「ネットショップ」というものに対して、だまされないか心配を持っている方がとても多いという事です。

ネット社会になったとはいえ、あくどい商法もたくさんありますから心配されるのは当然ですよね。

偽サイトというのは、ページをそのままコピーして、振込先だけ変えていたりするそうなのです。
私も知っていたある店舗の実際の話ですが、店舗側はコピーされたことすら気づいてなくて、お客様から商品が届かないという連絡がいくつも入り、注文履歴がなかったことからやっと発覚し、警察に被害届けを出したそうなのです。

お客様の方は、振込先があっているのかどうかなんてわかりませんから、本当にあくどいですよね。
偽サイトというのは、お客様も店舗側も、両方被害を受ける行為なのです。

さくら薬品は、ライン・Twitter・インスタ・Facebook・タンブラーなどなどなどなど、そこまでいる?というくらいのSNSをしていますが(店長がPC好きなので

基本はアナログ経営ですので、どんどんお電話ください

お話しすると、お客様がもともと希望していた商品より他の商品の方が合うことがわかってそちらをおすすめできたり、細かいことに対応することができます。

健康・美容のご相談はさくら薬品へお気軽に