この数日、石けん洗剤のサンプルを2種類いただいて、せっかくなので

愛用中のバジャンを数日お休みして使ってみました。

一つは、純石けん分(30%脂肪酸カリウム)の液体洗剤
一つは、純石けん分(30%脂肪酸カリウム)+ハーブの液体洗剤

結果はズバリ、界面活性剤が入っていないバジャンの方が汚れ落ちがバツグンに良かったです

どこをみるかというと、ワイシャツのエリ汚れの落ち具合です

バジャンは、界面活性剤不使用で、洗剤を溶かした液体の中でめだかも泳げるくらいの安全性の高い洗剤です

今は無添加系の洗剤の種類も増え、購入者が成分をよく勉強して、自分の肌に合うかどうか調べてから購入というパターンが多いのですが、「石けん成分」だからお肌に優しいと思って購入、でも使ってみて肌がキシキシピリピリして失敗、というお話もよく聞きます

何故かというと石けん成分は【界面活性剤】です。ですから、とてもお肌の弱い方には、成分がきついこともよくあります。

*石けん成分自体悪いものではありませんので誤解されませんように!!

界面活性剤が入っていないにもかかわらず、界面活性剤が主成分の洗剤の汚れ落ちを超えた【バジャン】

やっぱり手放せません