こんにちは。東三国の健康ショップ「腸とお肌の専門店」 さくら薬品スタッフのともみです。

今日から本格的なGWですね。

さくら薬品は、明日から二日間、4日(木)、5日(金)とお休みをいただきます。ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

GW中はお天気も良さそうですし、お掃除日和ですね。

5月は、ダニが増殖し始める時期といわれています。

特にアレルギーがある方は今から気をつけたいですね。

天然成分から作られた、ダニよけスプレー
ダニィーくんバイバイ

化学成分を使わず、青森ヒバ精油などの天然植物精油から作られたダニ除けスプレーです

忌避率はなんと、95%以上

ヒバには、「ヒノキチオール」という成分を多く含んでおり、害虫を寄せ付けない「防虫効果」や、カビや細菌に強い「抗菌効果」があります。

スプレーする度に、精油の爽やかな香りに癒やされます

最近は、除菌ブームなので除菌グッツがたくさん出まわっています。
(もちろんケミカル由来の除菌剤を使って)

さくら薬品は、腸内環境をよくして健康を作ることを第一に考えていますが、腸の勉強に行くと、必ずといって良いほど、今の除菌ブームを危険視する話が出てきます。

昔は、腸の中に住んでいる善玉菌だけが良い働きをして悪玉菌は悪いことしかしない、という認識でしたが、今は悪玉菌の中にも必要な働きをしていて腸内にいないと困ることも分かっています。

人間は、色々な場所で菌と共存して生きてきているので、必要以上の除菌が、今すごく増えているアレルギー体質の人を生み出している、原因の一つになっているとも考えられています。

清潔にする、ということと、除菌をしまくる、ということは全然違うと私は考えています。

人がたくさん集まる公共施設や、免疫が落ち気味な方が集まる老人ホームなど、時と場合によっては常時除菌は必要と思いますが、ごく一般家庭の中で、食事をする前に毎回除菌剤でテーブルをふくなど、本当に必要でしょうか。

また、ケミカル系の除菌剤は、健康被害の報告が意外とたくさんあります。

表には出ませんけどね。

使っている本人も、目が痒い、ブツブツが出来るとか、頭痛がする、こういう症状が出てもまさか毎日使っている除菌剤が影響しているとは気がつかないので、報告の数が少ないということもあります。

除菌剤の種類も公表されていないのに、ただ無香料だから小さい子供がいる家庭でも使えると謳っているものもありますが、それはとんでもない話で、どんな除菌剤を使っているか、が問題です。

これから食中毒も流行る季節なので、テレビCMでは、ますます除菌剤の宣伝が流れて、除菌しないと不安で仕方がなくなる洗脳を受けそうです

清潔にすることは大切です。

でも、清潔にすることと同時に子供から大人まで、免疫を高めることが大切。

そして、除菌が必要なときははナチュラル系洗剤で。

パックス 酸素系漂白剤

酸素系漂白剤は、衣類やものへの残留がほとんどないと言われています。

ですから、安心して下着からまな板まで使えます

ちなみに加齢臭もこれでばっちりとれます