お問い合せは【 LINE 】でお気軽に!

太りにくい体へ導く「短鎖脂肪酸」って? 3

こんにちは。

濃縮乳酸菌 フリークのさくら薬品スタッフです。

腸内環境を整えるために、乳酸菌や食物繊維を摂ることは多くの方が知っている事だと思いますが、

実は、ある「油」を摂ること事もとても大切だったのです。


「腸炎」
という言葉を聞かれた事がありますか?

細菌・ウイルス感染が原因の他、現代人特有のストレス、生活習慣の乱れなどが原因として上げられています。

ストレスや、食生活・生活習慣の乱れの方が多いかもしれませんね。

当然のことですが、腸が炎症を起こすと腸内環境が悪くなって本来の働きができなくなってしまいます。

「腸」を炎症から守ってあげなくてはいけません。

炎症を起こさない食生活に、「EPA・DHA」が大切です。

「EPA・DHA」は青魚に多く含まれていていますが、日頃の食事からも摂りにくいので年齢を問わず意識して摂る必要があると言われています。

主に炎症を鎮める働きがあるので、病名は出しませんが、炎症性の腸の病気に使用されたりしているんですよ。

また、色々な皮膚症状にも使われています。

皮膚の痒みも炎症ですからね。

現代人の腸内環境を整えるには、「EPA・DHA」もとても大切な成分です

健康な腸内環境を維持する事が、結果的に短鎖脂肪酸を持続的に発生させる事につながります。

一言で「腸内環境をよくする」といっても、腸内環境が悪くなっている原因が様々あるのでそれを見極めて取り除いていくことが大切ですね!

 

 

太りにくい体へ導く「短鎖脂肪酸」って?
健康増進の物質として近年大注目されている「短鎖脂肪酸」 健康に良いとオメガ3系の油脂が話題になって以降、油脂に関する色々な事が注目されるようになってきていますね。 短鎖脂肪酸がどんな働きをするかという事の前に脂肪酸のお話しを簡単にしたいと思...
太りにくい体へ導く「短鎖脂肪酸」って? 2
前回の続きです。 短鎖脂肪酸は、外から取り入れる方法と、体の中からつくり出す方法とあります。 短鎖脂肪酸は、中鎖脂肪酸・長鎖脂肪酸と違って、含まれる食品がとても限られています。 酢、牛乳、乳製品などに含まれているのですが、日本人は牛乳や乳製...